脱毛後にはアフターケアをしないとダメ?

脱毛後にはアフターケア(町の電気屋さんなどはアフターケアで差別化を図っていることもあるそうです)をしないといけないのです。

その理由は、脱毛した後は、毛穴が目立って、黒ずんだようになってしまうからです。

他にも、肌が赤みをおびた状態になってしまって、荒れてしまうという点もも考えられます。

具体的に、どんなアフターケアをするのかっていえね、以下の通りです。

・脱毛した場所に刺激を与えない
・保湿のローションをしっかりと塗る

脱毛した直後には、肌が露出した状態になるため、入浴(江戸時代には男女混浴の銭湯が珍しくなかったのだとか)時にタオルで擦ってしまうと傷になってしまいます。

加えて、湯船につかる行為も肌が脱毛器を使用した事で熱をもっていらっしゃいますから、控えるべきです。

また、保湿のローションをしっかり塗ると言うことは、脱毛器で熱くなった肌を冷ます効果があるでしょう。

保湿のローションに関しては、脱毛器それぞれにどういうものを使うといいか書いてあるはずなので、説明書を読んで下さい。

エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)サロンでやるならば、スタッフがアフターケア(口コミなどを調べるとわかることも多いです)もしてくれますが、家庭で脱毛となると、しっかりとした知識が必要といわれているようです

関連記事

このページの先頭へ